Flock of Goats 2

ここの続き http://zxcvbnm100.tumblr.com

169 - American Horror Story S01 / アメリカン・ホラー・ストーリー シーズン1

前から気になってたけども、他に色々面白いのがあり過ぎたので後回しになってた、アメリカンホラーストーリーを見始めた。

 

シーズン1は「呪いの館」といサブタイトルの通り色々問題を抱えた家族が心機一転のつもりで居場所を変えたのは良いが、古い家を買ってそこで色々と呪いとしか説明のつかないおかしなことが起きる。

 

現在E07だが、なんというかこのドラマは奇をてらわずホラーを全部やろうよ、というコンセプトのように思う。というのも出てくるエピソードのほとんどが、どこかで聞いたような話のパッチワークだ。

自分の過去の身勝手な振る舞いに苦しめられる男(こういう話好き)、幽霊と恋をする少女、顔に火傷を負った謎の男、図々しい隣人、実際は老婆だが見る人にはエロいメイドみえる人、マッドサイエンティスト、実在の殺人鬼を崇拝して真似る集団(マインドハンターでも題材になった看護学校生殺し)、悪魔の子を身籠る、などなど、、。

 

受け手によると思うが、所々にコメディなのこれ?と言いたくなるような演出やストーリーが挟まる事がある。

もうキャスティングからして狙ってるとしか思えない、モダンファミリーのキャメロン役の人が豚のマスクの殺人鬼の都市伝説に悩まさせられる話。鏡の前で「豚男、出ておいで」と3回言うと実際豚マスク男がその場にでてきて殺されるという都市伝説を実行してしまいそうで怖い、と思いを精神科医の主人公に打ち明ける。

「勇気を出して言ってみればそんな事は起こらないのは分かる」とアドバイスされ家で実行するのだが、その場に偶然居合わせた強盗に「俺の事を豚男って言ったな」と言われ射殺されてしまう。もう笑うしかない。

 

全編を通して顔のアップのショットが多く低予算感もあるのだけれど、それでも「誰が実在している人物なのか」「どこまで現実なのか」といった境目をフラフラしている感じや過去を掘り下げていく感じは見てて気持ち良い。これで良いんだよね。